飲むタイミングはいつがベスト?

現在の食生活は野菜不足で栄養のバランスが悪い人が多いといわれています。とはいえ、毎日の食生活で野菜を多めに摂ろうとしてもなかなかむずかしいものがありますね。そんな人に、青汁は野菜不足を補う健康食品として人気です。この青汁は薬ではありませんので、食前や食後など飲むのに特に決まりはなく、いつでも飲めるものです。でも、せっかく健康のために飲むのですから、より効果的な飲み方をしたいですよね。青汁を飲むのによい時間はあるのでしょうか。

朝起きてすぐに青汁を飲むと、胃に何も入っていない状態で、突然栄養価の高いものが入っていくので、避けることをおすすめします。水などを飲んでから、内臓が目覚めてから青汁を飲んでいくのがよいでしょう。朝起きてすぐでなければ、食後に青汁を飲むよりも、食前に飲んでおく方が、青汁が単独で小腸まで届きますので、吸収は早くなっていきます。さらに、食前に飲むということは先に青汁が胃の中に入っていますので、過食を防ぐことになり、ダイエットへの効果も期待できますね。

とはいえ、食前といっても、空腹時に青汁を飲むことも、胃液が冷やされてしまうので、おすすめできません。また、寝る前も消化しづらくなってしまいます。そして、体にとってよい時間に青汁を飲むことを毎日続けていくのが効果的なのですね。「えがおの青汁満菜」は、飲みやすく胃にもやさしいので、それだけを飲んでも美味しく健康な生活を手に入れることができそうですね。