栄養バランスに優れているのも特徴です

青汁は各メーカーから市販されていて、味や成分もさまざまで、原材料の違いが大きいです。青汁の中でも人気の「えがおの青汁満菜」は、美味しくて飲みやすいとインターネットの口コミなどでも人気があります。この「えがおの青汁満菜」の主原材料は、熊本県阿蘇産の大麦若葉が使われています。青汁には各メーカーでさまざまな原材料がある中で、なぜ「えがおの青汁満菜」は大麦若葉を主原料にしているのでしょうか。

1日に人間が必要といわれている野菜の量があります。成人した大人ですと、1日に350グラムの野菜が必要といわれています。最近の日本人の食生活を考えると、1日に350グラムの野菜を摂るのは大変です。和食中心ですと、野菜も煮たりすることで多く摂れるのですが、肉や脂ものが多くなった食生活ですと、ますます野菜を食べなくなる傾向にあります。現在の大人の野菜を摂る平均は1日300グラムに満たないといわれています。

野菜に多く含まれているビタミンやミネラルが、バランスよく多く含まれているのが大麦若葉なのです。さらいに女性にとって健康はもちろん、美容のことも大切です。大麦若葉には、美容に不可欠な食物繊維も多く含まれています。多くの栄養素が含まれている大麦若葉だからこそ、「えがおの青汁満菜」の主原料として採用されているのです。野菜が不足している現代の食生活ですから、「えがおの青汁満菜」を1日1杯飲むだけで、健康的でバランスのよい栄養を摂ることができそうですね。